背景

rigurosu

歯周組織再生治療薬
(リグロス)

2016年に世界で初めての歯周組織再生剤が保険適用と承認されました。
保険適用により患者様の負担が大幅に軽減されます。
当医院ではいち早く歯周組織再生療法に取り組んでおります。
CT撮影をして垂直性骨欠損の場所を分かりやすく説明させて頂きます。

563K-1.jpg

 

563K-2.jpg

563K-3.jpg

S2-3.jpg

歯周病は歯を失う原因の1位であり、特に垂直性骨欠損がある場合は歯を喪失するリスクが高くなります。
歯周再生療法は狭くて深い垂直性骨欠損に効果的な治療法であり、歯周病が中等度の内に施術することで歯の喪失リスクを防ぐことが出来ます。

歯周病は自覚症状なく進行する病気なので、症状が出てから歯科医院に受診する場合は後手後手になる場合があります。
定期的に歯科医院で健診を行い、早期発見早期治療を心掛けましょう。