背景

maternity

マタニティ歯科

お母様と赤ちゃんのために子どものためのマイナス1歳からの虫歯予防


生まれたばかりの赤ちゃんは、お口の中に虫歯の原因となる菌を持っていません。
虫歯菌はお母様など周囲の大人からうつってしまうことが最も多いのです。 また妊婦さんが歯周病だと、早産・流産・低体重児のリスクが高くなるという報告もあります。

安全な出産やお子様の健康のためにも、妊娠中から歯科治療・お口のケアに取り組みましょう。

妊娠中にかかりやすい病気

妊娠性歯肉炎

ホルモンバランスの変化が起こる妊娠初期は、歯茎の出血・腫れが生じることが多いです。
通常の歯肉炎のように、痛みがないため気付かぬうちに症状が悪化するという特徴があります。

妊娠性エプーリス

妊娠中に歯茎がコブのように大きく膨らんでしまうことがありますが、それは増加するホルモンの影響であり、良性のものが多いです。大半は出産後に自然となくなりますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。

虫歯・歯周病

辛いつわりで十分に歯みがきできなかったり、嘔吐によって出た胃酸が歯の表面を弱くして汚れが付きやすくなってしまうことで、虫歯や歯周病のリスクが普段よりも高くなります。

妊娠中の治療に最適な時期とは

 ma-1.jpg

妊娠中は安定期の治療がベスト

ご自身はもちろん、生まれてくる大切な赤ちゃんにも影響を及ぼすので、妊娠中は虫歯・歯周病の治療、お口のクリーニングなどを必ず受けてください。
妊娠中の歯科検診には妊娠中期(安定期)が最適です。
妊娠後期だとお腹も大きくなり、診療チェアに横になることですら辛くなる方もいます。そして出産後は子育てでなかなか時間を確保できず、治療を受けるタイミングを失ってしまう方も…

通院が困難になることを考え、痛みがなくてもできるだけ安定期のうちにお口の中をチェックしに歯科医院へお越しください。

01|妊娠初期

4ヶ月(15週)まで

妊娠4〜8週の治療は特に慎重に取り組み、12週までの処置はできるだけ診査や治療計画、歯みがき(ブラッシング)指導まででとどめます。
歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状がある場合は応急処置を行い、本格的な治療は安定期に入ってから開始するようにしています。

02|妊娠中期

5〜7ヶ月(16〜27週)

妊娠中期は胎児が胎盤により安定し、通常の歯科治療をはじめ、レントゲン撮影や投薬も可能となる安定期とも呼ばれる時期になります。
胎児や母体への影響を考慮した上で、比較的に安定するこの時期に、虫歯・歯周病などの治療に取り掛かるようにしています。

03|妊娠後期

8ヶ月(18週)以降

妊娠後期は早産などの危険を回避するために、処置は応急的なものまでにとどめます。また、お腹が大きくなることで仰向けでの受診も大変な時期になります。
治療が必要な場合もこの時期は避けて、出産後に改めて治療を再開するようにしています。

レントゲンの放射線量と母子への人体への影響を考慮

ma-2.jpg

上記の図のように、歯科用CT撮影による放射線量は、自然に浴びる放射線量にべても非常に軽微であることが分かります。
また当院では、従来のレントゲンよりもさらに放射線量の少ない歯科用デンタルエックス線を使用し、母子に対して影響を最小限に抑えた診療を行っております。

ma-3.jpg

母親に虫歯があった場合の方が明らかに、その子どもが虫歯になるリスクは高くなります。お子様が⾚ちゃんのころから虫歯にならないよう、妊娠中の検診や治療、また日ごろの口内ケアはしっかり行いましょう。

元々、⾚ちゃんのお口に虫歯菌はいません。1歳7ヶ月から2歳7ヶ月(19ヶ月~31ヶ月)くらいをピークにお母さんをはじめ、周りの大人の口から感染します。この感染しやすい時期を「感染の窓」と言われます。この時期に母子共にしっかりとした予防管理を行えば、その後の虫歯菌(ミュータンス菌)の感染率は低くなります。

ma-4.jpg

最近、⾚ちゃんを虫歯菌(ミュータンス菌)に感染させたくない一心で、⾚ちゃんとのスキンシップを控えるお母さんもいますが、それは間違った育児法です。

口の中の最近は400種類以上あると言われ、虫歯菌や歯周病菌の悪玉菌だけでなくLS1のような善玉菌も存在しているからです。⾚ちゃんとのスキンシップを控えるのではなく、お母さんやお父さんのお口の中の細菌構成⽐率を変えて善玉菌を増やしていくことが大切です。

ma-5.jpg

細菌構成⽐率を変えるには虫歯治療と歯周病治療、プロバイオティクスが有効になります

費用 4,000円

ma-6.jpg

ご来院時は母子手帳を提示してください。